八戸三社大祭 | 日本一の山車なら八戸三社大祭

八戸三社大祭 | 日本一の山車なら八戸三社大祭 【八戸市】

豪華絢爛 日本一の山車祭り!

日本一の山車祭り ~八戸三社大祭~
享保6年(1721)、豊作祈願が成就した為おがみ神社が新羅神社まで行列し、3日後に新羅神社が御礼の行列で送ったと言う約290年の歴史を誇る青森県八戸市の八戸三社大祭。
7月31日から8月4日までの5日間は日本全国から大勢の見物客を集めて盛大に開催されます。
特に最近は3神社ににお供する絢爛豪華、華麗な山車の人気が高く『日本一の山車祭り』として広く知られています。
山車はその時代時代の先人たちが創意工夫を凝らし、毎年新しいテーマで制作してきた技術を継承しながら現在に至っており、題材は主に神話、伝説、歌舞伎、能等が多くなっています。
7月31日、8月2日、8月4日の夜は山車だけのお祭り行列となり、ライトアップされた山車とお囃子や子供たちの掛け声が独特の情緒を醸し出します。

2017年の今年は通常の日程を一日延長し、
8月5日に「ユネスコ無形文化遺産登録記念祭」を開催します。
 

インフォメーションInformation

画像1

八戸三社大祭のクライマックスは15時からスタートするお通りです。
山車を従えた3神社の神興行列は3㎞の市中心部を3時間以上の時間をかけて練り歩きます。大太鼓、小太鼓、笛によるお囃子と引き子の掛け声にも一段と力が入り、沿道の声援に応えます。

画像2

中日は山車だけの夜間運行で、17時からスタートします。ライトアップされた山車が、中心街において賑やかに運行されます。商店街も照明を延長するなどの協力をして、市民のお祭りを盛り上げます。

画像3

お還りは15時からスタートします。3神社の神興にお供した祭組山車行列が夏を惜しみます。引き子も懸命に声を張り上げ、祭りムードを盛り上げます。

名称 八戸三社大祭 | 日本一の山車なら八戸三社大祭 フリガナ ハチノヘサンシャタイサイ
住所 青森県八戸市 公式サイト https://hachinohe-kanko.com/10stories/hachinohe-sannshataisai
開催期間 7/31~8/4(5日間) 駐車場 近隣の有料駐車場をご利用ください。
                                                                                  
スポンサードリンク

 

ピックアップニュースPickupNews

2018/08/03

今年も豪華絢爛な山車が勢ぞろい!

およそ300年の歴史を誇り、八戸の夏を華やかに彩る八戸三社大祭が今年も開催されます!
27台の豪華絢爛な山車の競演をお楽しみ下さい。

 



7月31日(火) 前夜祭
●山車の展示とお囃子実演/午後6時~9時・八戸中心街
(三日町・十三日町・廿三日町・市庁前市民広場、八日町)


市内の中心街に27台の山車が勢ぞろいし、夜空に明かりをともしながら
その出来栄えを競います。

山車展示MAP


8月1日(水) お通り
●神輿と山車の合同運行/午後3時市庁前(内丸)出発

三神社の行列と各神社の氏子町内などから出される附祭(山車)が市庁前を出発、
商店街を長者山新羅神社方面に向かって行列が進みます。

この行列の長さは約3km(約2時間半)にも及びます。
八戸市中心街は、絢爛豪華な時代絵巻を繰り広げます。

山車展示MAP

8月2日(木) 中日
●山車夜間合同運行/午後6時~

●長者山新羅神社例祭/午前11時

●おがみ神社例祭/午後1時(雅楽演奏等)

●加賀美流騎馬打毬/午後2時 長者山桜の馬場
長者山新羅神社では文政10年(1827)に始まった「加賀美流騎馬打毬」や
徒打毬が古式ゆかしく行われます。


●おまつり広場/(市庁前市民広場)
市庁前には出店が並び、いろいろな催しがステージで行われます。

山車展示MAP

8月3日(金) お還り
●神輿と山車の合同運行/午後3時 鍛冶町(長者山下)出発
長者山新羅神社を出発した神社と附祭(山車)の行列は、お通りと反対方向を通って
おがみ神社方面へと進みます。
沿道に詰めかけた人々からは、祭りの終わりを惜しみ大きな拍手が沸き起こります。


●おまつり広場/市庁前市民広場
山車展示MAP

8月4日(土) 後夜祭
●山車の展示とお囃子実演/午後6~8時
●おまつり広場/市庁前市民広場

山車展示MAP
 

バックナンバー

2018/08/03
今年も豪華絢爛な山車が勢ぞろい!
  • <<
  • >>

マップ&アクセス Map&Access